カリキュラムと費用

取得可能ライセンス・JUIDA安全運行管理者証明証。
・JUIDA無人航空機操縦士証明証。
※本コースを修了することで、上記ライセンスをJUIDAに取得申請を行い取得できます。
対象・官公庁・民間企業・個人問わずドローンに関わる方。
・実技操縦訓練を含むすべての養成プログラムへの参加が可能な方。
・ドローンを飛行させる上で支障となりえる健康上の不安がない方。
受講料

・無人航空機操縦士資格取得コース
  受講料:22万円(税別)
・無人航空機操縦士+安全運行管理者資格取得コース
  受講料:26万円(税別)
※講習費用・テキスト費用・施設使用料・筆記、実技試験費用・練習用「RCドローン」実技操縦訓練時に使用するドローンは、当ドローンスクール新潟が無料で貸し出します。

講習会場・座学:新潟市内
・実技:新潟市内
※会場は説明会時、または受講生に直接ご連絡致します。
定員(一期)・10名まで。

カリキュラム【座学】

座学科目 内容
無人航空機概論定義 / 適用事例 / 改正航空法の運用状況
法規制・ルール

国内法 / ガイドライン

技術飛行原理 / 機体構造 / 衛星測位システム / バッテリー
電波と無線電波とは / 無線に関する免許
無人航空機で使える周波数帯 / 装置 / 注意事項 / 通信
気象無人航空機と気象 / 風の吹くメカニズム / 風速の変化 / 天気予報に現れない風
積乱雲 / 強風事例 / 霧 / 気象予測データ
運用運用者の義務 / 飛行計画 / 操縦方法 / 確認項目 / 安全対策 / SORAPASS
許可・承認が必要な飛行許可・承認申請 / ドローン情報基盤システム
飛行情報共有システム / 注意事項
夜間・目視外飛行(補助者有)無人航空機飛行方法について / 夜間飛行 / 目視外飛行(補助者有)
安全運行管理安全運航管理の意義
無人航空機の利用とリスク
リスクに対する安全管理の手法
 筆記試験

カリキュラム【実技】

実技科目 内容
整備・点検日常点検方法 / 整備方法 / 飛行前後の確認
手動操縦① 垂直離着陸(低高度)
② ホバリング
③水平移動(左右前後)
④ 垂直離着陸
⑤ 可視範囲での遠方飛行
⑥ 緊急時の操作
⑦ 夜間・目視外飛行
①〜③はGPS援用とGPSなしの両方で実施
自動飛行自動航行の設定
自動航行による飛行
トラブル発生時の操作介入
 実技試験
ドローンスクール新潟
タイトルとURLをコピーしました